田んぼの中の鳥の卵の思い出 その2

するとある時
クラスメートのマミちゃんがどうして私よりそんな情報を知ってるのかわからないけど…

いつか持ってきた鳥の卵が孵ったらしいから

給食食べたら、孵ったひなを見に行ってみようよ~♪
と声をかけてくれたので

私も、自分が持ってきた鳥の卵が孵ったと聞いて

もう諦めていたのに
ひなに孵ったことが嬉しくて嬉しくて

喜び勇んで、クラスメートのマミちゃんと

給食を急いで食べて校舎の中庭にいるからと連れて行ってくれました♪

すると…7匹の茶色がかったヒヨコみたいなひなが、
ヨチヨチと歩いて見て

興奮した私は、そばに駆け寄って触ろうとしましたが

上級生のお兄さん達が
散歩させ遊ばせているので

何か私が触るのは悪いなぁ~と遠慮する気持ちがあり、触れずにいる私を見て

マミちゃんが
このひなは、この子が卵持ってきたから、触らせてあげて♪と上級生のお兄さん達に話してくれて

マミちゃんと二人で
しばらく、ひなを抱っこしたりして遊んでました。

しかし…それ以来、ひなを見ることはなく…

どうしたのかもわからなかったのですが…

私も、またもやそのひなの存在をすっかり忘れてしまっていました…

Comments are closed.